FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続立ち読み(68)

 校長先生を見下ろしながら、どうして良いのか分からない和哉先生は屹立したものを曝け出したままじっと立ち尽くしていました。
「ほら、、、校長先生が待ってるから、、、頭の上に、、、お坊さんみたいに、、、しゃがんで、、、そう、、、お坊さんと向き合って、、、」和哉先生は校長先生の顔の上にしゃがみました。股間がちょうど校長先生の目の前にあります。
「んふぅ、、、」和哉先生の敏感な部分に校長先生の荒い息がかかります。そのたびに和哉先生の身体に快感が走り抜けました。
「んっんっ、、、んはぁ、、、」和哉先生の身体から力が抜けて行きました。いつの間にか和哉先生の股間が校長先生の顔に密着しました。
「ちゅぷっ、、、じゅるっ、、、」密着した二人の間から湿った音が聞こえ始めました。校長先生が和哉先生の敏感な部分に唇を密着させ、舌を潜り込ませて行きました。
「んぅ、、、んはぁ、、、あうっ、、、こ、校長、、、先生、、、んああっ、、、」股間から沸き起こる快感に耐えかねて、和哉先生は腰を浮かしましたが、校長先生の長い舌が和哉先生の敏感な部分を追いかけて来ます。
「んふっ、、、じゅぷっ、、、んふっ、、、ちゅぱっ、、、」校長先生は一心不乱に和哉先生の股間を責め立てます。
「んああっ、、、あんっ、、、こ、校長、、、こ、こう、ちょうっ、、、せ、んせい、、、」和哉先生は身体を支え切れなくなったのか、校長先生の身体の上に倒れ込んでしまいました。目の前にはリズミカルに腰を上下する修行僧の長いものがゆらゆらと腰の動きに合わせて揺れていました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

てつ(rokujizou62)

Author:てつ(rokujizou62)
五年の沈黙を破った(?)相変わらず妄想する白ブリーフの中年男。だらだらと妄想し続けています。ステテコを愛用しており、立派に中年から熟年への道を歩んでおります。最近はブリーフよりも、六尺褌や越中褌が多くなりました。ようやく水泳を再開し週2回ほど競パンで泳いでいます。黒かネイビーの競パンですが、最近はLサイズの深目のカットを愛用しています。

***プロフィールはこちら***


ブログランキング参加中

FC2 Blog Ranking

Counter
Visitor
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。