FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続立ち読み(69)

「う、、、ううう、、、んふぅ、、、ちゅぷっ、、、」和哉先生は目の前で揺れる修行僧のものを見つめているうちに我慢できなくなったのか、大きく口を開けて逞しい修行僧のものを含みました。
「くっ、、、」修行僧の顔が一段と歪みました。体内を抉っている校長先生の肉柱を自らの気持ちの良いところに導くように身体を仰け反らせ、腰を様々な方向に動かしています。校長先生に抉られながら、さらに和哉先生に屹立したものを舐められ、修行僧は思わず和哉先生の頭を抱えるように抱きしめました。
「んふっ、、、んふっ、、、」和哉先生の口の中に修行僧の汗や小便に混じって青臭い体液の香りが満ちて来ました。汗ばんだ修行僧の肉棒を和哉先生は舌先で味わって行きました。修行僧の固いものの根元から舌を絡めていくと、汗ばんだ皮膚の感触が伝わって来ます。汗の香りとともに、塩っぱい味が和哉先生の舌先を刺激します。
「うくっ、、、んあぁ、、、」和哉先生の舌が次第に先端に移動して行きました。舐め上げて行くと修行僧のものの窪みの中に和哉先生の舌先が捕らえられました。
「ちゅっ、、、ちゅっ、、、ちゅるちゅる、、、」和哉先生は唇をつぼめて、舌先を窪みの中で遊ばせながら、修行僧の肉棒を吸い取りました。尿道からわいて来る青臭い体液を力一杯吸い取ると、口の中に溢れて来た唾液と一緒に喉の奥に流し込みました。
「んあっ、、、」和哉先生が修行僧の肉棒で口を塞がれたまま呻きました。校長先生の舌が和哉先生の股間で激しく蠢いていました。校長先生の舌が蠢くと、くちゅくちゅと湿った音が聞こえて来ました。校長先生の唇は和哉先生のタマやその裏側を辿って、和哉先生の最も敏感なところにキスしていました。そして、柔らかく開き始めた和哉先生の括約筋の隙をついて、校長先生の長い舌が和哉先生の身体の中に侵入しました。
「んはぁ、、、はうっ、、、んっ、んぐっ、、、」同時に和哉先生の喉の奥が修行僧の肉棒で突き上げられました。和哉先生の内股から腰にかけて、熱い電流が流れたように感じました。上下からの刺激に耐えかねた和哉先生は、身体の奥底から沸き起こる快感が全身に広がるのを感じると、校長先生と自身の身体に挟まれているものから熱い液体を迸らせていました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

てつ(rokujizou62)

Author:てつ(rokujizou62)
五年の沈黙を破った(?)相変わらず妄想する白ブリーフの中年男。だらだらと妄想し続けています。ステテコを愛用しており、立派に中年から熟年への道を歩んでおります。最近はブリーフよりも、六尺褌や越中褌が多くなりました。ようやく水泳を再開し週2回ほど競パンで泳いでいます。黒かネイビーの競パンですが、最近はLサイズの深目のカットを愛用しています。

***プロフィールはこちら***


ブログランキング参加中

FC2 Blog Ranking

Counter
Visitor
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。