FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続立ち読み(77)

「ふぅ、、、」どちらの声がわからないような吐息が校長室の中に響きました。青臭い香りが漂っています。校長先生は赤い水褌を解くと、ハイバックチェアに降り注いだ和哉先生の粘液を赤い水褌で拭いました。
「和哉先生、、、水褌の着用指導の際、、、生徒たちの身体にも和哉先生同様の変化が起こるかもしれません、、、そのとき、指導者はしっかりと落ち着いて指導せねばなりません、、、同じように、、、なるようでは、、、指導はできませんよ、、、」校長先生は脱ぎ捨てた服を着ながら言いました。
「は、はい、、、十分、、、気をつけます、、、」
「気をつけて、ください、、、和哉先生、、、さあ、落ち着きましたら、もう一度、締めてみてください、、、水褌、、、」
「は、はい、、、」和哉先生は再び濃紺の水褌を手にとりました。先ほど校長先生に教えてもらったように、なんとか締めることが出来ました。
「なんとか、形になったようですね、、、でも、このような緩さでは、泳いでいるうちに解けてしまいますよ、、、」校長先生は濃紺の布地を引っ張り上げました。
「うくっ、、、」和哉先生の股間に濃紺の布地が食い込みました。
「それに、、、前はこんなに緩いですよ、、、」布地の弛みから中に納まっているはずの和哉先生のものが飛び出してしまいました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

てつ(rokujizou62)

Author:てつ(rokujizou62)
五年の沈黙を破った(?)相変わらず妄想する白ブリーフの中年男。だらだらと妄想し続けています。ステテコを愛用しており、立派に中年から熟年への道を歩んでおります。最近はブリーフよりも、六尺褌や越中褌が多くなりました。ようやく水泳を再開し週2回ほど競パンで泳いでいます。黒かネイビーの競パンですが、最近はLサイズの深目のカットを愛用しています。

***プロフィールはこちら***


ブログランキング参加中

FC2 Blog Ranking

Counter
Visitor
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。